人気ブログランキング |

2008年 01月 22日 ( 1 )

ビジネストレンドと理想論と現実論の狭間・・・・・・!

画像とは関係無いのですが。。。。
その時々にビジネストレンドは変わる。そして、その流に人々は心動かされ
消費したりの日常生活を送って日々の仕事をこなして一日が終わってゆく。
何時の時代か、値段は消費者が決めると言うようなフレーズが紙面で出る様に
なった時、それは自社に対しての消費者の取り込みであったりリップサービス
にしか過ぎない言葉に、デフレ企業がもてはやされて現在に至っている。
その間の国内状況の変化を人々は振り返って何を思うのであろうかと
日々感じるようになったりする。確かに消費者を置き去りにした商品提供は
有ってはならないし駄目であると思う。しかし、合わせ過ぎると世の中のバランスを失い
結局は人々や国民を傷つけるような方向性に力が働いてしまう。
要するに徹底した現場主義者であるノウハウと、頭の良さを持ち合わせた
指導者が居れば、理想論と現実論を近い物にしていけるように思う。
企業であれ何であれ少なくても可能であると思う。そう言う事を考えた時
僕らは、お客さんや世の中の為になっているかを良く考える。
仕入れて販売した物に対してのリスクは、全て販売先のリスクへと変化している時代に
僕達はどう在るべきなんだろうとか。この店に立ち今年で18年目になる。
今まで販売した物に、満足して頂けているのかどうか。きっと答えは1・2年で
出るように思う。自らが決めた道を何を戸惑う事無く、信念を持って進んできた物の
何時も100%リスクを背負ってる訳だから、結果論として継続は力成りと言えれば
良いのだが、そればかりは僕の人生の終わりになって初めてわかる事なのかもしれない。
その時々の判断材料に乏しければ、きっと先は無いだろうし。
人間誰しも年を取ると保守的になる、しかしながら自身にはそれが無く何時もが
ぶっちゃけ本番のような博打打の世界のようにも思う。でも計算されつくした物に
沿ってやる仕事は好きではない。何時の時代でも意外性を感じ仕事がしたいし
そうする事で、色んなことが見えてくる。そう考えれば、お金なんて捨てているも同然な
仕事なのかもしれません。だって毎年毎年、商品に投資をしていかないと駄目な訳だし。
20年続けれるように、その先も続けれるように考え動か無ければなりません。
f0039487_1291048.jpg
これからのビジネストレンドは、見えている訳ですから。

by 1991bncoltd | 2008-01-22 12:09 | Business