人気ブログランキング |

2007年 08月 31日 ( 2 )

本日2件目更新・・・・!出会い そして別れ。。。。

OPEN当初、思った以上にブランドの作る洋服には思い入れが感じられなかったり
仕事をしながら常に悩みを抱えていました。そしてとある営業マンの訪問により
以後、僕が世の中で師と仰ぐ人との出会いがあった。当時、何かに取り付かれた様に
商材を探し回っていた時期であったし、精神的にも疲れていたわけですが、その人物の
おかげで肩の荷が一気に下りたような感じでした。彼は日本に当時の高級輸入ブランドが
上陸した時代の日本企画の担当を受け持っていた人物であり、クロージング界では
非常に有名な方でした。職人の手先の把握、これはこのファクトリー、この商品は
このファクトリーっという風に工場の癖を完璧なまでに知り尽くし、当時の業界では
素晴らしい方でした。たまたまそのメーカーの商品を販売しながら、K氏(その方)に
僕の売りたい物じゃないんで、何とか別件として物作りが出来ないでしょうかっと
持ち掛けた所、それじゃアイディアを出してみてっと言うような具合で、先ずは生地からの
要望・そしてデザインの提供。話が進むにつれ、今時の若い人が何でこんな物が良いの?
っと口にしたとたんに、僕は可笑しいですかっと言い返せば、K氏は笑って嬉しいよって
言ってくれました。当時は、ファッション業界も方向性が見当たらないまま迷走していた時代でしたから、企画が作りたいもの、店側の販売したい物のギャップが有り過ぎたため
真の物作りを提案できなかった時代でも有りました。そして商品に付けるが為のネームタグが
これです。生地色は紫ベースですが、僕自体は紺でお願いしてたんですが折角4人で考えて
物作りしたんだから高貴な色にしようよっとK氏が考えてくれたネームタグです。
勿論色に対しての理解はあったんですが。。。。。しかしその後、その会社は解散。
K氏は、後にアトリエにて商品販売を始め、SHOPの商品をお願いしようと思えば
脳梗塞で入院、奇跡的に命は助かったのであるが後遺症の為、直ぐに仕事が出来るわけじゃなく時間をおき、K氏との電話でのやり取りが最後の話となってしまった。
僕は様子を見て体調が良くなればと思っていたのですが、亡くなられてから数ヵ月後に
事を知り、絶句そして涙がボロボロこぼれた事を未だに忘れれません。
僕の全てを受け止めて商品にしてくれた方でした。あんなに本質を持っていた方がいたらと未だに思い出します。その後利用していないネームタグですが、今後このネームを付ける事が出来ないのかもしれません。なぜなら、その方を超えれる事が出来ないからなのかもしれません。ただ単にネームタグですが、僕の中では人生の中で大事な物である訳ですから。
僕の人生で本当につらい別れでした。会いたくて会いたくて仕方が無いのですが
叶うはずの無い思いです。そんな人と一緒に仕事が出来た事を誇りに思います。


f0039487_13235284.jpg

by 1991bncoltd | 2007-08-31 13:24 | E T C

クレリック・ダブルカフスのシャツ・・・・・!

エンド・トゥー・エンドのダブルカフスでクレリックな感じがたまらなく良い感じ。
モーでありつつクラシカルさも十分に兼ね備えた、新型兵器って感じでしょうか!?
いやー良い感じ。カラーの形はお見せで来ませんが、良い感じです。

f0039487_11562570.jpg

by 1991bncoltd | 2007-08-31 11:56 | Business