自然災害 と 人命と緊縮財政 と ヽ(´o`;

f0039487_16370811.jpg

@ 上記画像は、高知道大豊付近の橋が流されてしまった画像。


高知道の橋 土砂崩れで流される 高知 大豊町

201877 1218大雨 被害

7日朝早く、高知県大豊町にある高知自動車道の上り線の橋が橋脚だけ残して無くなっているのが見つかり、西日本高速道路は、道路脇の斜面が崩れて橋が流されたとみて確認を急いでいます。

7日午前6時ごろ、高知県大豊町立川上名にある高知自動車道の上り線にある立川橋が橋脚だけ残して無くなっているのを道路を点検していた高速道路会社の社員が見つけました。

西日本高速道路によりますと、道路脇の斜面が大規模に崩れていて、橋は流出した土砂に流されたと見られるということです。

この橋は、全長が63メートル、幅が8メートルありますが、橋脚だけを残して、橋桁や路面部分がすべて流されてしまったということです。

橋は、大豊インターチェンジからおよそ8キロ北にあり、当時、この付近は雨量計が基準値を超えたため通行止めになっていました。

大豊町立川上名では国土交通省が設置した雨量計で、先月28日の降り始めから7日午前6時までに1610ミリの雨が観測されています。
大豊町は、この付近に6日午後8時前に避難指示を出していて、土砂崩れが起きた地域の住民は避難して無事だということです。

西日本高速道路は雨の状況を見ながら詳しい状況を確認することにしています。






今回の記録的豪雨により尊い人命がまたも奪われてしまった。

国民が安心安全に豊かな生活を送れる様に本来の政治は機能しなければならない筈。

我が国わ、既に失われた30年に突き進む様な、そして下手すると後進国の仲間入り。

本来日本の持った高度な技術力は生産を海外転移して新興国に渡ってしまい。。。

日本の産業を背負ってきた過去の最高クオリティーを背負って来たのは、真の

MADE IN JAPAN だったからだと思う。それは国民性、日本人気質が創り出した筈である。

今後のAI であったり 最早、映画の世界のAI を想像したりする。

それを管理、プログラミングするのも又人間。下手すれば、ロボットに人間が管理される様になる。

そして今回の豪雨により、高速道のストレスの溜まり、河川の土手のストレスが一気に出た。

以前にも同じ様な事があり反省点がいかされて無い様な感じも。

そして、広島、岡山 (7/7日 現在)の水害をみても、明らかに色々な処にストレスがあったのが証明された様に感じる。

日本の土木建築業も世界トップレベル。橋本政権以降、頑なな緊縮財政に

国内の老朽化したインフラ整備が行われて無く、数年前のトンネル崩落事故にしても。

日本中の橋にしても。そしてその技術の伝統を受け継がせて行くが為にも、

公共事業とは国民に大切なものであり、土木建築業の高度な技術力、存在が必要であり

今後の自然災害への整備をもっと真剣に考えるべきである。

それこそ国土強靭化と言えるものであり、国民生活を豊かにする。

昨今の、自然災害 (集中豪雨、地震)は 、日本の神々のお怒りだと感じる。

地方のインフラ整備の劣化は、最終的に日本の縮図を表しているんだと思うんです。

徹底したコストダウンを求められ、最低金額での事業落札。

良い物には、衣食住全てに置いて、コストが掛るものであり当たり前の話である。

日本が戦後培って来た技術力、国民性を今一度考え直すべき時期に来た様に思う。

我が国の為に。。。。。。。。。。。。。。!

既に何もかにもが後手後手感が拭えない訳です。




[PR]

by 1991bncoltd | 2018-07-08 16:36 | 政治・経済

<< 今週的@何日振りの晴天だろうw? ドレス的な (^-^)v >>